スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命は代替がきくから命たりえるんだから

最近読んだ漫画より。

ぱっと見ると、ひどい言葉だけれども、巻末を見るとこんなことが書いてあって。

「「かけがえのない命」。そんなものに救いを求めても先には進みません。
               あなたがいなくても、大して困りません。
                    自分がいなくても、まったく困らないでしょう。
          だからこそ、無くても良い存在だからこそ、がんばるのだと思うのです。」

自分がいなくなっても、きっと世の中は動いていくのでしょう。
けども、自分の周りには色々な人がいて、そんな人たちの中には自分はいて。
少しでも、あがきたいから、何も無い自分がいやだから、
だから人は人と触れ合って、仲良くなって、好きになって自分の生きた証を
きっと刻んで生きたいのかな、なんて。

この漫画自体はそんな深く考えるものじゃないけど、
病んでるこの作者の言葉は、少し思うところがありますね。

なるたる 12 (12) (アフタヌーンKC)なるたる 12 (12) (アフタヌーンKC)
(2003/12/22)
鬼頭 莫宏

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://okeda0131.blog25.fc2.com/tb.php/21-84a94e48

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。